トップページ > コラム > 事前に様々なことを検討して購入したいお墓

事前に様々なことを検討して購入したいお墓

 葬儀の選択肢は豊富になっている現代では、埋葬の形も様々です。
 お墓は、親から子、子から孫へと継承されていくものでした。それが現代では少子化が進んでおり、家族の形態も変化して、核家族が増えてきています。生涯を独身で過ごす人や、結婚しても子どもがいない家庭というのも珍しくありません。従来の家に依存しない生き方や暮らし方を選択する人が増えています。
 それに伴って埋葬の形もより自分らしく、子や孫の世代に迷惑をかけないタイプのものが好まれるようになってきています。


 お墓の選択肢として最も一般的なのが共同墓地である霊園です。
 最近は、継承者を必要としない永代供養が可能な場合も多く、納骨堂などの比較的費用を抑えられるタイプのものも多くなってきました。また、墓石を墓標とせず樹木をその代わりにする樹木葬も、継承者を必要としないため近年需要を伸ばしてきています。
 共同墓地には、基本的に3つの種類があります。公営のもの、民営のもの、寺院境内の中にあるものの3種類です。それぞれメリットとデメリットがあるので、墓地を購入する場合には、事前にその特徴を調べておいたほうが良いかもしれません。
 公営のタイプは、宗旨、宗派を問うことがなく、費用も比較的安く済ませることができます。また、アクセスが容易であることも多く、非常に人気が高いタイプのものとなっています。人気が高いため、購入したいという希望があっても難しいことが多いようです。
 民営のタイプも宗旨、宗派を問うことはありません。しかし、公営に比べると費用が高くつくこともあるそうです。また、アクセスが不便な場合も少なくないので、お参りしやすいかどうかを事前に調べておく必要があるでしょう。
 寺院の墓地は、その寺院の檀家である必要があります。また、葬儀をその寺院に依頼しておかないと納骨できないこともあるので注意が必要です。ただ永代供養をしてもらえるため、安心して納骨することができます。


 霊園の人気が高まっていますが、一生のうちで何度もする買い物ではなく、費用がかかることなので、様々な面から検討を重ねる必要があるでしょう。
 インターネットなどでも様々な情報を集めることができますが、実際に現地まで行って、自分の目で確認するのが、いちばん良い方法だといわれています。駐車場はもちろん、トイレや休憩所など、お墓参りの際に必要な設備が整っていることは、大切な条件となります。
 また、年に何度かは行く場所となるので、急な坂の上などにないアクセスの良い場所が理想的かもしれません。

次の記事へ