トップページ > コラム > 心得ておきたいマナーもあるお墓参り

心得ておきたいマナーもあるお墓参り

 亡くなった人を偲び、その人と語り合ったり、その人との絆を確認するためにお墓に行くことをお墓参りといいます。一般的にはお彼岸やお盆、法要を行う時や命日などにお参りします。お参りに出かける際には、お花、お線香とそれに火を灯すためのマッチなど、
 また故人が好きだったお菓子や果物、飲み物などのお供えものなどを持参します。お参りをする時のマナーのひとつとして、手を合わせる前には掃除をすることが必要だとされています。墓所は戸外にあるため、日差しや雨、風などを直接受けています。そのため、墓石も汚れたり苔やカビは生えてしまったりということが少なからずあるようです。
 また、汚れているのは墓石だけではありません。その周囲も草が生えたり、それが伸びすぎてしまったりということもあります。墓石とその周辺の掃除を行って、きれいにした後で故人と改めて向き合い手を合わせることが大切です。


 お花などお供えするものだけではなく、掃除をするためのほうきとちりとり、墓石を掃除するための雑巾やたわし、剪定の必要がある植木があれば剪定用のはさみも必要です。
 それからゴミを入れるゴミ袋も忘れないようにしましょう。墓石の掃除には、水が必要になりますが、水桶やひしゃくなどは墓地に備え付けられている場合が多くあります。
 墓地に着いたら、まず前回お参りしたときの花や燃え尽きたお線香があればそれを片付けます。草が生えていれば抜き、周囲の落ち葉やゴミがあればそれもきれいにします。
 墓石は雑巾で汚れをふき取って、それでも汚れやカビなどがある場合にはたわしでこすって落とします。水鉢や花立ての中が水垢でどろどろになっていればそれもふき取ります。それが全部済み、お花やお供え物を供えて、お線香を立て、そして故人に向かって手を合わせます。


 お墓参りに行く時間は、あまり遅くならないよう、なるべく午前中に行くのもマナーのひとつだといわれています。
 そしてお参りするときの姿勢も気をつける必要があります。立ったままで手を合わすことは、故人を見下ろすことになるのでかがんでお参りするということを忘れないようにする必要があります。
 そして、帰るときには、お供えしたお菓子などは必ず持ち帰ります。これは、そのままにしておくとカラスなどのえさになってしまうため、墓石が汚れる原因になるからです。
 もしお参りする墓地が寺院である場合には、本堂のご本尊にお参りしたり、檀家である場合には、寺院への挨拶も忘れないようにしましょう。故人に会いに行くという目的でも、きちんと守らなければならないマナーがあるということは心得ておく必要があるでしょう。

次の記事へ