トップページ > コラム > 東京の霊園の倍率は今がどうなっているでしょう

東京の霊園の倍率は今がどうなっているでしょう

 東京の一等地の霊園にお墓を持つといった、ステータスをお持ちの方たちが、昔は大勢いらっしゃったように思われます。時に空きが出た場合などには、募集をしていた時代もあったようです。倍率も非常に高く、競争をし合って手に入れていた時代がありました。それが、時代の流れと共に、少しずつ変わってきて、最近は、お墓を持たないというステータスの人が増えて来ている様に感じます。
理由の一つに挙げられると思われるのは、やはり、完全たる核家族化が影響しているように考えます。子供たちも、家を離れ、独立して、遠くに暮らすようになっている場合が多いです。お墓を、守って行く人がいないという結果になってしまうと思われます。既にお墓をお持ちの方たちの間でも、墓じまいという風潮が聞こえてきます。それ程、今は、お墓に執着しない時代になっているという事になると思われます。


東京の霊園情報はどのようにして探すのか

 東京には様々な霊園があります。そんな中で、どの場所を探したらよいのかわからない、どんな方に向けて探し方を紹介します。一般的に近年はインターネット上から評判や口コミを探し出します。というのも、インターネット上には様々な情報が掲載されています。かつては口コミ情報や評判を集めるのに非常に苦労しました。しかし、情報化社会の今は簡単にそれらの情報を手に入れることが出来ます。
探すポイントは、インターネットの検索エンジンを活用することです。検索エンジンに利用したい霊園の名前と口コミ・評判などと打ち込めば簡単に情報を検索することが出来ます。口コミ情報や評判は実際にその霊園を利用する前から良い面と悪い面を把握することが出来ます。だからこそ、インターネットを上手に活用し、情報を集めましょう。そうすることで信頼できる場所を探し出すことが出来ます。


東京都内にある霊園は、訪れるのに便利

 六本木などの大都会東京にも、ヒルズのすぐ近くには霊園があったりします。実はとてもアクセスに便利ですし、一度霊園になった場所は、たぶん半永久的に家族の霊を弔っていきます。近くにお家をと考えている方は、普通だったらお線香の臭いや、お墓のそばと言う事で、忌み嫌う人も出てくる可能性はありますが、ここ大都会東京においては、隣接する建物が絶たず、日照権や騒音、車の流れがそれによって変化する訳でもありませんから、むしろ傍に在ってくれた方が、どんとそこに存在してくれていて助かる場合もあるかも知れません。
都会に霊園があるのではなく、むしろその逆で、たまたまその地域一体が急速に発展していったと言えるでしょう。でも、山の手のど真ん中にあれば、アクセスにもとても便利ですし、帰りに何か美味しい物をとお食事も楽しめます。一服しながら亡き人を偲ぶ時間を設ける事が出来ますから、家族行事の一環にするのも良いでしょう。

次の記事へ